■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:180516

お母さんが外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
お母さんが外国語を喋れないとやり出すものに、
子供への外国語教育がある。

お母さんが外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
子供の頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れないお母さんはこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かなお母さんたちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が子供に外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その子供の脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも子供というのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

お母さんの意思によって
子供は外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

お母さんが外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我が子供に勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
子供に外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。


レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D